Home » 学科案内 » 教育課程・カリキュラム

教育課程・カリキュラム

教育課程

看護は人との相互関係の中で展開されますので、人間愛・倫理的な配慮に基づいて、人々の多様な価値観に対応しながら看護が実践できる基礎が学べるよう、科目と教育内容を選定しています。

カリキュラム

基礎分野

看護に携わる者として、人間性を豊かにするとともに、人間理解と人間観の築き方、科学的な思考ができる基礎を学びます。さらに看護職という専門職業人としての共感的態度や倫理に基づいた行動ができる基盤作りも目的としています。

教育内容 授業科目 単位 時間
科学的思考の基盤 情報科学 2 45
論理学 1 30
看護にいかす物理学 1 30
人間と生活・社会の理解 心理学 1 30
社会学 1 30
倫理学 2 30
文化人類学 1 30
人間関係論 1 30
外国語 英語 I 1 30
英語 II 1 30
保健体育 1 30
小計 13 345

専門基礎分野

看護の基礎となる専門的な知識を学びます。人間の体の構造・機能の正常な状態および病気や治療について系統的に学べるようにしています。また、現在の保健・医療・福祉の状況やサービスのあり方を学び、広い視野から看護が考えられることを目的としています。

教育内容 授業科目 単位 時間
人体の構造と機能 人体の構造・機能 I 1 30
人体の構造・機能 II 1 30
人体の構造・機能 III 1 30
人体の構造・機能 IV 1 30
疾病の成り立ちと
回復の促進
代謝と栄養 2 30
薬理学 2 45
人体と微生物 1 30
病理総論 1 30
病態治療論 I 1 30
病態治療論 II 1 30
病態治療論 III 1 30
病態治療論 IV 1 30
病態治療論 V 1 30
健康支援と社会保障制度 健康と公衆衛生 2 30
社会福祉と社会保障 2 45
看護と法律 2 30
小計 21 510

専門分野I・II、統合分野

看護は子どもから高齢者、健康な人および病気を持ったすべての人が対象になります。
基礎・成人・老年・小児・母性・精神看護学および在宅看護論・看護の統合と実践の講義と臨地実習をとおして、どんな人にも看護ができる基礎的な知識・技術・態度を学習します。特に臨地実習では、専門職業人として病院・在宅を問わず、地域に密着した看護サービスが提供できるよう、地域の協力を得てさまざまな施設で実習します。

専門分野I

教育内容 授業科目 単位 時間
基礎看護学 看護学概論 I 1 30
看護学概論 II 1 30
基礎看護技術 I 1 30
基礎看護技術 II 1 30
基礎看護技術 III 1 30
基礎看護技術 IV 1 30
基礎看護技術 V 1 30
基礎看護技術 VI 1 30
基礎看護技術 VII 1 30
臨床看護総論 I 1 30
臨床看護総論 II 1 30
臨床看護総論 III 1 30
臨地実習 基礎看護学実習 基礎看護学実習 I 1 45
基礎看護学実習 II 2 90
小計 15 495

専門分野II

教育内容 授業科目 単位 時間
成人看護学 成人看護学概論 1 30
成人看護方法論 I 1 30
成人看護方法論 II 1 30
成人看護方法論 III 1 30
成人看護方法論 IV 1 30
成人看護方法論 V 1 30
老年看護学 老年看護学概論 2 30
老年看護方法論 I 1 30
老年看護方法論 II 1 30
小児看護学 小児看護学概論 2 30
小児看護方法論 I 1 30
小児看護方法論 II 1 30
母性看護学 母性看護学概論 2 30
母性看護方法論 I 1 30
母性看護方法論 II 1 30
精神看護学 精神看護学概論 1 30
精神看護方法論 I 1 15
精神看護方法論 II 2 45
臨地実習 成人看護学実習 成人看護学実習 I 2 90
成人看護学実習 II 2 90
成人看護学実習 III 2 90
老年看護学実習 老年看護学実習 I 2 90
老年看護学実習 II 2 90
小児看護学実習 小児看護学実習 2 90
母性看護学実習 母性看護学実習 2 90
精神看護学実習 精神看護学実習 2 90
小計 38 1260

統合分野

教育内容 授業科目 単位 時間
在宅看護論 在宅看護概論 2 30
在宅看護方法論 I 1 30
在宅看護方法論 II 1 30
看護の統合と実践 看護の統合と実践 I 1 30
看護の統合と実践 II 1 30
医療安全 1 30
看護管理 1 30
臨地実習 在宅看護論実習 在宅看護論実習 2 90
看護の統合と実践 統合実習 2 90
小計 12 390

教科外活動

項目 時間数  
1年次 2年次 3年次 ねらい



入学式 4 2   入学を祝い看護学生としての自覚を持つ
卒業式   2 4 3年間の全課程を修了したことを祝い、看護を担う者としての責任と自覚を新たにする
戴帽式 4 6   看護を学ぶ者としての自覚を深め、自らを省みる機会とし、今後の学習への動機づけとする
学校祭 6 6 6 自主的な文化活動を通じて協調性・創造性を養うと共に学生間および地域の人々との交流を深める
体育祭 6 6 6 心身を鍛えると共に、学生間の交流を深め協調性を養う
入学時ガイダンス 18     教育課程、履修方法を理解し、主体的な学習ができるための方向づけとする。また、 学校生活に適応するための諸規則、諸手続きを理解する
履修ガイダンス 8 4 4  
防災訓練 4     危機管理・安全管理について理解し、災害時の対処方法を学ぶ
健康診断 2 2 2 学生の健康管理の一環として行い、自己の健康管理への関心を深める
合計 52 28 22  
総計 102