Home » 学校案内 » 教育理念・教育目的

教育理念・教育目的

副学校長ごあいさつ

副学校長 清水 光子

本校は病院や診療所などの医療現場や福祉施設で地域に密着した看護サービスが提供できる看護の実践者を育てることを第1に考え教育をしています。
そのために、対象となる人をうけとめて真摯に向き合い、暖かで心のこもった技術の提供ができる看護師を育てたいと考え、教員は学生と毎日かかわっています。
授業時間はもちろん、ショートホームルームや学校行事などでも、人と人との関わり方の学びになるよう働きかけています。
学校の教室での学習をベースにして、全授業時間のほぼ1/3を占める臨地実習では、看護の対象となる方をとりまくチーム医療の一員として、学生はさまざまな体験をします。患者様との関わりの中では、大きな喜びを感じることができると同時に、様々な知識を統合して思考し、行動に結びつけることの難しさにも直面することになります。そんな時、教員は学生と密接にかかわり、学生の思考を伸ばす指導で実習に前向きに取り組めるよう応援します。 本校で80名の仲間とともに学びあい、看護師への道を進みませんか。本校で過ごす3年間はあなたを大きく成長させるはずです。

教育理念

本校の看護基礎教育は、西宮市医師会定款に示す医療技術者の養成に関する事業を受け、看護の分野において西宮市との連携による在宅ケアの充実、救急医療に関する事業、中小病院の看護レベルの充実、公衆衛生の向上を図ることにある。また、これらに応え得る豊かな人間性と看護に関する幅広い能力を兼ね備え、地域に密着した看護サービスが提供できる看護の実践者を育成することにある。
一次医療における看護は、個人の背景を広い視野でとらえ、生命を守り、個人の尊厳と権利を尊重することにある。その看護活動は、国籍・人種・信条・政治および社会的立場いかんにかかわらず、あらゆる健康レベルに応じて、健康上の問題を解決するよう支援することである。したがって、看護基礎教育終了後は保健・医療・福祉システムを支えるチームの一員として参画し、個人を尊重した看護活動ができるとともに、看護の発展に貢献できるような看護の実践者の育成を目指すものである。

教育目的

校章

豊かな人間性を培い、看護に関する学理と技術を教授し、地域保健・医療・福祉の向上に貢献しうる基礎的能力を有する看護師の育成を目的とする。